CONTENTS

栽培報告!水切り作業のご紹介です。


おはようございます。

 ごめんなさい(●´ω`●)ゞ

 作業が立て込んでいて、ブログUPがおろそかになっておりました。| 柱 |ヽ(-´ω`- )反省…

 みなさん、お元気でしたでしょうか?

アマートを食べて、栄養満点!体力全開!元気に秋を過ごしましょう!

来週くらいから、急に寒くなるそうなので・・・。

 さて、本日は「水切り作業」をご紹介しちゃいます。

こちらの作業は、露地植えでの栽培には難しい工程になりますが、

ハウスを建てて栽培していらっしゃる方は、是非、行って欲しい作業です。

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□~作業内容~◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

使用する道具:特にありません。

作業:水切り

方法:一番さいしょの房(第一花房)に花が咲いたところで、いったん水遣りを

      やめてしまいます。そして、三番目の房(第三花房)に花が咲き始めると、

      水遣りを再開します。ここで難しいのは、水切り中は全く水をやらないのではなく、

      枯らさないように調整しながら行っていきます。 難しい~~σ(´-ε-`)ウーン…

      また、水遣りを再開してからの水のやり方は、表土が乾かない程度に水を与えてください。

      写真のトマトもシュナ~となってるのがわかるとおもいます。この状態を保つことが大事です。

理由:トマトの根を土壌深くまで発達させ、栄養の吸収をよくさせます。

      また、苗ごとの成長のバラつきを制御することができます。 (p゚∀゚q)おぉ♪

point 1.露地植えにて栽培されている方は、この作業時期から【雨よけ】を設置される

        事をおすすめ致します。また天井部分だけ覆うのが通常ですが、できる限り、

        湿度を保てるよう、周囲にもビニールをまいてやると効果的です。

       2.水切り期間中に、多めに水を与えると収穫量は増えますが、味も悪く

         水っぽいトマトになります。

       3.水切り作業後の水遣りは、表土の状態をこまめにチェックして行って下さい。

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

今回、ご紹介いたしました作業は、結構めんどうな作業かもしれませんが、

この作業を上手くできるようになると、プロの農家が作るトマトに近いものが

収穫できるようになりますよ!    だからできるだけ、しないようにしてくださいね!(ノω・、)ウゥ

                                           冗談です!

 当ファームでは、この管理に一工夫も二工夫も企業秘密をかさねて、

育てているので、同じものを作るのはちょっと難しいですよ!  

                                       へぇ~_〆(・∀・*)

 それではまた (*’ー’)ノシ またねー!

ちょっと息抜き! 


  みなさん、こんにちは✿(。◕‿◕。)✿

こちらは今、台風の影響により大雨が続いておりますが、

みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?

危ないな、怖いなと思うときは、早めに非難してくださいね!

★☆★-★☆★-★☆★-★☆★-★☆★-★☆★-★☆★-★☆★-

 今回は、先日、ご紹介いたしました薩摩富士【開聞岳】の全貌を

ご覧いただこうと思いまして、農場から少し車で走ったところから

【開聞岳】を撮影してみました。(*∩ω∩)テレw

 少し前に撮影していたのですが、なかなかUPできなくて

みなさんにお見せするのが遅くなってしまい、すいませんでした。m(_ _)m ゴメンナサイ

 みなさんのお住まいの地域でも『ご当地富士山』ってありますか?

よかったら、おしえてください。

 どことなく、秋の気配がしてきましたね~ ♪~(*´∀`*)~~(*´∀`*)~♪ラララ~

アマートもいつもに増しておいしく出来上がっております。

コンソメベースにアマートを入れて、ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・あらびきソーセージ

やベーコンを加えて、10分ほど煮込んで塩コショウで味を調えれば、

おいしいポトフが出来上がります。お好みで粒コショウをきかせてくださいね!

 それでは、また農場からでした。

                       ちょっと絵文字を使ったんですが、どうでしたか?

栽培報告! 誘引作業のご紹介です。


 おはようございま~す。

またまた、心配なことに台風が近づいてきております。

今年の台風は、大きな被害をもたらす事が多いので、

              みなさん!気を付けてくださいね!

 さてさて、今回は『誘引』作業をご紹介させていただきます。

誘引作業は、苗の成長とともに苗倒れを防止する事と、きちんとした成長を

促すための、大事な作業です。

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□~作業内容~◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

使用する道具:15cm程度の長さのひも(100均のビニールひもで十分ですよ!)

作業:茎の固定作業

方法:苗の横にまっすぐになるようサポートポール(支柱)を立てておきます。

     (ホームセンターや園芸店で購入できますよ!)

     15cm ~ 20cm程度の間隔で、サポートポール(支柱)に【ひも】で固定していきます。

     固定する際は、きつくしないで茎の周りに輪を作るような感じでしてください

     ※固定するタイミングは、固定しようとする位置から苗が大きく成長し、

      日の当たる方に傾きだすので、その頃を目安に固定してください。

理由:茎の折れを防止する役目のほか、まっすぐ上向きに成長させることにより、

     光合成の効率を高め、成長を促すことができるのです。

     なので最大の目的である『収穫』を安定させることができます。

     もちろん、全体に日があたるようになるので、トマトの味のムラも無くなり、

     おいしいトマトができますよ!

point 固定するタイミングは、固定しようとする位置から苗が大きく成長し、

      日の当たる方に傾きだすので、その頃を目安に固定してください。

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□


 自分たちのようなハウス農場で育てている場合は、サポートポール(支柱)を

一定間隔に固定し、ポールとポールの間に誘引予定の高さに合わしたところ

を目安にして、ひもを通しておきます。また、トマト以外にも応用していただけます。

 家庭菜園でも、たくさんの苗を育てるときは、写真のようにしていただくと、

経費的にも節約できますよ!

  ちなみに私の自宅では、サポートポールを使わずに、

  細い竹を、山から切り出してきて支柱のかわりに使用してます。

  春には、筍も採れるのでいいですよ!

          たくさん、おいしい野菜を育てて、健康で元気な体を作りましょう!

栽培報告! 脇芽取り作業の紹介です(^^)/


 おはようございま~す。

 今日は、マジメにいっちゃいます!

トマトの栽培には欠かせない作業になりますが、ご家庭菜園でもこの作業は必ず、行って下さいね!

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□ ~作業内容~ ◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

◆使用する道具:剪定バサミ

◆作業:脇芽の剪定処理を行います。

◆方法:上の画像にあるように【茎(クキ)】から【枝】がはえていますが、

     その付け根から※【上向き】に枝が伸びてきますので、その付け根をカットします。

◆理由:そのままにしておくと、分岐した脇芽が茎となりドンドン成長し実をつけますが、

     養分を取られてしまい、全体が養分不足となり味の悪いトマトになります。

     ちょっとした一手間で、いつもよりグンと美味しさがましますよ!

※point 今回のポイントは、茎と枝の付け根から【上向き】に生えてきた枝 です。

      間違えないでくださいね!

◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□


こちらが、脇芽取り(脇芽摘みとも言います。)を行った後のアイコたちです。

この苗から取れるアイコが、皆さまのご協力により決定した

「★★★指宿トロピカル アイコ★★★」となって旅立っていきます。

でも、これだけの数(もっともっとありますが・・・)の脇芽取りをすると、

ホントに大変で、ゲッソリになりますよ!

       それでも医者には「メタボ!」っていわれますが、 ハハ ^^;  どないやねん^^

実際、かがんだり、中腰での作業を繰り返してると腰痛がでて仕事にならないので、

最新!農作業メカ「乗太郎 君 初号機」(ノッタロウ)が活躍します。


                   ジャ~ン!  乗太郎 初号機 で~す。

 「なんじゃこりゃ~」 と思わないで下さい、これがあるとホントに楽なんですよ!

てな感じで、農業講座はお開きとなります。^^

ここで一句

「農作業 腰痛いやよ! 乗太郎」

              山田くん!座布団 1枚持ってって!

トマトの胡麻和え

トマトの胡麻和えを作ってみました。

まず、トマトを湯むきして、それに砂糖大さじ2、醤油大さじ2、すりごま大さじ2で和えました。

冷蔵庫で冷やして食べると、さらに美味しく頂けます。

トマトって万能ですね。

 

▲ PAGE TOP